当サイトでは公認会計士の資格を持つことでなることが出来るお仕事の重要性などを紹介していくサイトです。

公認会計士になるためには難関私立大学や難関国立大学に通うことが近道です

ルーペが必要なほど文字が細かい資料

本記事では、公認会計士になるにあたって学歴が必要なのか否かについてご紹介いたします。

公認会計士試験の合格者は難関国立大や難関私立大学の高学歴が多いです

公認会計士試験の合格者の出身校は、難関国立大である東京大学や京都大学、難関私立大学である慶應義塾大学や早稲田大学などの高学歴であることが多いです。

さらに、平成24年度の合格者のおよそ92%程度が大学か大学院の在校生、または卒業生であるというデータが出ています。しかし、公認会計士試験の受験資格に学歴は一切関係がないので、中卒の方でも、高卒の方でも平等に公認会計士を目指すことが可能です。

ですが、基本的には高学歴の方が多く受験しているので、まずはそのつもりで、難関大学に入学することが公認会計士になるための第一歩であると言えます。

公認会計士になるためには高学歴の方々に匹敵するほどの学力が必要になります

公認会計士に高学歴の人々が多い理由は、公認会計士になるために学歴は必要ないものの、それ相応の学力が必要になるからです。

公認会計士の筆記試験は非常に高難易度であり、受験のために身につけておかなければならない知識が山ほどあります。絶対に公認会計士になると心に決めている方の場合は、中卒や高卒で専門的な勉強のみを積み上げていくことがもっとも効率的な道です。

しかし、本試験では難関大学の在校生や卒業生と席を同じくして合格を競わなければならないということは覚えておきましょう。

中卒や高卒でも公認会計士を目指すことは可能ですが、実際に合格している方は高学歴の方が多いです。ですから、将来の選択肢を増やすためにも、まずは学生の内に難関大学へ進学することをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー