当サイトでは公認会計士の資格を持つことでなることが出来るお仕事の重要性などを紹介していくサイトです。

公認会計士になるための大学と大学院に通っておけば将来の可能性が広がります

電卓とノートパソコンを使って仕事をする公認会計士

本記事では、大学か会計大学院に通って公認会計士を目指すケースについてご紹介いたします。

大学の経済学部や商学部に通えば会計の知識を学びながら会計大学院を目指せます。

公認会計士になるにあたって、会計の知識を学べる大学の経済学部や商学部などに通うことも有効です。公認会計士の専門学校に通って、もしも途中で自分に公認会計士が向いていないことや、能力的に難しいことがわかっても、途中で方向転換することは困難となります。

しかし、大学の場合は、4年間会計の知識について学びながら、途中で公認会計士をあきらめても多様な選択肢を検討可能です。

もしも、公認会計士を目指している方で、絶対に公認会計士になるという確固たる意志が定まっておられない場合は、ひとまず大学に進学することをおすすめします。

会計大学院は会計に関するプロフェッショナルを育てるための大学院です。

公認会計士になるにあたって、会計職専門の大学院である、いわゆる『会計大学院』に通う人気も高まっています。会計大学院とは、会計に関するプロフェッショナルを教育するために、平成16年度からつくられはじめた教育機関です。

いま現在では、国立や公立、私立まで、全国各地にさまざまな会計大学院が存在します。

会計大学院を卒業すれば公認会計士試験の試験科目の一部が免除されます。

会計大学院を卒業するにあたって、あらかじめ定められたカリキュラムにのっとった単位を取得して修了した場合、公認会計士試験の一部の試験科目が免除されます。

科目が免除される上に、大学院を卒業したという学歴も手に入るので、公認会計士以外のあらゆる職業にも就職しやすくなります。

公認会計士を目指すにあたって、自分がどのような進路を取るべきか、自分の予算や実力を見定めて冷静に考えてみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー