閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 公認会計士になるためには難関私立大学や難関国立大学に通うことが近道です…
    閉じる

    公認会計士の存在価値を知り試験へのモチベーションを高めるサイト

    当サイトでは公認会計士の資格を持つことでなることが出来るお仕事の重要性などを紹介していくサイトです。

    公認会計士は企業の活動を調査して経済全体を正常化する仕事です

    本記事では、公認会計士の業務内容と経済社会における立ち位置、向いている人についてご紹介いたします。

    公認会計士の基本業務は企業の正常な価値を経済社会に発信することです。

    公認会計士の基本業務である監査とは、経済社会全体の流れを正常化する重要な意義を持ったものです。日本の企業が平気で粉飾決算を行えるような状況であった場合、株主は企業の正確な価値を判断することができません。すると、株式市場全体の資金の動きがめちゃくちゃなことになり、優良な企業が悪質な企業の中に埋もれてしまうからです。

    今日も公認会計士がしっかりと企業の経済活動を監査し、間違っている部分は正してくれるおかげで、我々は安心して株や企業の商品を購入できています。

    コンサルティングを公認会計士に頼むケースが増えています。

    昨今、コンサルティング業界における公認会計士の立ち位置はますます強大なものになっています。公認会計士の多くが、コンサルティングだけでなく、会計や税金そのものへの深い専門知識も併せ持っているからです。適切な経営方針を提案するコンサルティングがあるからこそ、企業は本来持っている技術やノウハウなどの実力を十全に発揮できています。

    公認会計士は企業の活動を調査して経済全体を正常化する仕事です

    経営の監査にはじまり、コンサルティングや税金まで取り扱う公認会計士は、まさに日本の経済社会を影で支える縁の下の力持ちであると言えます。

    外部資料=横浜市の公認会計士の専門学校 https://cpa-net.jp/

    毎日膨大な数字と接する必要があるので、公認会計士は数字が好きな人に最適な仕事です。

    公認会計士は、子どもの頃からそろばん教室に通っていた方など、昔から数字に親しんでおり、数字に触れることが好きな方に最適な職業です。公認会計士は、監査業務を行う際に、膨大な財務書類を確認しながら、その一つひとつの数字が正しいか、間違っているかを判断しなければならない仕事だからです。

    特に、決算期付近の多忙な時期には、朝から晩までずっと数字を眺め続けていなければならないことも少なくありません。

    公認会計士は日本の企業の経営状態や経済社会そのものに強い関心を持った人に向いている仕事です。

    単純に、商品の製造や開発、販売など以上に、それらを支える経営や経済そのものに関心が深いかたにも公認会計士は最適な職業と言えます。公認会計士の業務とは、企業の経営状態を調査する「監査」にはじまり、コンサルティングも税務もすべて経営や経済に関わるものだからです。

    また、公認会計士の監査は、調査する企業を直接訪問して行うので、日本の経済全体を支えるあらゆる企業のオフィスや事業を間近で見ることができます。日本の経済全体を肌で感じることができる仕事が公認会計士です。

    公認会計士には日本全体の経済を正常化するという自覚と責任が必要不可欠です。

    公認会計士とは、企業の正確な経営状態を算出することで、日本全体の経済社会を正常化する仕事です。ですから、自分が企業の健全な経営状態を診断するという自覚と責任感を持ち、時には企業に対して厳しく接して、不正を正せなければなりません。

    また、公認会計士が監査を行った筈なのに、後で調査をし直した結果、企業の決算が間違っていた場合、勘違いした企業の信頼だけでなく、公認会計士全体の名誉も損なってしまいます。公認会計士は、日本の経済全体を影で支えている大切な仕事です。

    数字が好きで、日本の経済社会全体と企業経営に関心が深い方は、ぜひ公認会計士になることを検討してみてください。

    ピックアップ記事

    1. 本記事では、公認会計士になるにあたって学歴が必要なのか否かについてご紹介いたします。■公認会…
    ページ上部へ戻る